ブログ

WEB拍手

崖の上のポニョ

write:ぴんく date:2009/08/12

原作・脚本・監督: 宮崎 駿

ポニョ

待望のジブリ最新作だった「崖の上のぽにょ」

なんですが、どうやら子供向けのようなので映画館へは行かずDVD待ち。

発売当日にレンタル(すいません・・・)して、家族で見ました。


割と私の周りでは不評だったのですが(期待しすぎによる)
私的にはよかったです。

見終わった後に、公式WEBサイトを見て、それからもう一度見ることをオススメします。
WEBサイトにはこだわりやキーワードが乗っているので必読!

初めは心と頭を無にして見ると、引き込まれてとてもいい。


まず、初めの印象は絵本みたいだなってことですね。
表現手法が絵本風を意識したものだそうで、
ていうか、これ全部手書きかぁ
さすがだなぁ
すごいなぁ

CG使うと、CGくささがにじみ出るんですけど
(それが作品として生きてるものも沢山ある!)
それがなくて、とても柔らかでやさしい。
こういうとこが、ジブリの大好きなとこ。

ファンタジーというか、なんというか、なかんじが子供の目線なんだってことなんだよね。
子供の想像力を形にしたような。
子供が怖がったりするのって、無機物でも生きてて怖いものに見えたりするからで、そんな不思議で素敵な子供の目を通してみているような感じ。
波の表現とかすごい!

あと、環境問題を取り入れてるのよね。そういう問題定義もちゃんとされてある。
海ゴミだらけ・・・なのにきれいな海にも見えて不思議。

私的にぽにょのパパとママの昔話が見たいな。
ぽにょパパは元人間のようなので、2人はどうやって恋に落ちて海で暮らすようになったのかなって考えると、なんだかトキメキだわ。


このページの先頭へ戻る